スマホでトリガー起動ももうできません。

今週のお題「応援」

応援ていうか祈りなんですけど、強烈な飲酒動画を投稿している「wawawa」さんていう人がいてその人は通称アル中カラカラと呼ばれています。

あの人は良くすべてを振り切った豪快すぎる料理?と共に大量のハイボールを飲んでいるわけですけどその豪快さから人生RTA(リアルタイムアタック)と称され

動画が投稿されるたびに「まだ生きてる」とか「生存報告」と言われますがそんな彼が9月に動画を投稿しなくなってからもう三か月以上経っています。

今まではその危険な食事風景を見れないのかと思うと心配になります。寂しいです。

ですから彼には一刻も早く生存報告をしてほしいのです。

しかしここで彼がもう動画が出せないとか体調が本当に優れないとか言われてしまうとより悲しくなってしまうのでこのシュレーディンガーの状態でいてほしくもあるというジレンマ

何にしてもなるべく良い終わり方であることを祈るばかりです。

そして体調を案じてしまうと言えば週刊少年ジャンプからジャンプSQへ移動になった『ワールドトリガー』の作者「葦原大介」先生です。

葦原先生が移動になったのも先生自身の過労や無理による体調の悪化

首を痛めたという首がもう逝ったというか漫画を描く体勢がなかなか取れずもう筆を折ってしまうのではないかと休載前から心配されてきましたが

休載が明け連載を再開した今でも時々休載しており正直いつ漫画家を辞めなくてはいけなくなるのか連載がもう困難な状況で辞めざるを得なくなるのかいつも心配です。

ワールドトリガーはジャンプ漫画の中でも新しいタイプの漫画で理解すればするほど

深みに一気に引き込まれていく遅効性SFなのでどれだけ復活に時間がかかってもよいのですむしろ理解を深められるのでそれなりに好都合なのですが

先生自身が「たしかなまんぞく」の行く形での完結をしてほしいのです。

応援といっても私のような一個人に応援してもらってもうれしいのかはたまた只の重荷になるだけなのかわかりませんがとにかく陰ながら応援していくしかないので

コミックスを読み終わるたびになんとなくお祈りをしてしまいます。

以上、最近病院に行ったばかりの私、ふぁっちの応援したい人でした。

気づいたときにはわしはプログラマーだったのじゃ

今回は新時代のRPG コーコードクロニクルをプレイしました。

プログラムのことはからっきしで何もわからない中プレイしましたが

最初に感じたのはニンテンドースイッチファミコンの見たこともないゲームをプレイしたときに思ったような唖然とした気持ち。

何をすればいいのかよくわからない。そう思っているうちにゲームオーバーになって結局なにをすればいいのか何が間違っていたのかがまずわからない。

そう思っていたら動画で解説が入ってなんとなく理解してクリアしてまたゲームオーバーになってを繰り返していったわけですが。

そこにカタルシスがあるっていうか、子供の頃頭のいい大人にしか扱えないと思っていたプログラムっていう呪文が自分の手で扱えるようになる喜びがあります

ですがそこは無料のゲーム。ガチャというシステムがあります。

このガチャを引きたくないというあなたは是非プログラミングの腕を鍛え上げましょう

縛りプレイでも実力があればいけるはずです。多分

さらにこのゲームのすごいところといえばいろんなプログラム言語を学べるところにあります

RUBYとかいろいろ。今のとこは3種類だけでしたがCOMING SOONみたいになっていたのでこれから増えていくことでしょう。

ただ一つ要望があるとすればクリア出来る毎にキャラクターに何か喜んで欲しかったことと中学の授業の時間にやりたかった。

このゲームの雰囲気的に中学の情報とか技術の時間でやらせてもらえたら最高のプログラム体験だったと思うんです。

ですからこのゲームがいつか有名になって学校教材にチューンアップされる日を心よりお待ちするということで

以上、最初に選ぶメイドさんがなんか強そうだと思ったわたくしふぁっちのコードクロニクルでした。

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ

連想は頭の肥やしです。

勉強法。なんといっても楽しくない。

しかしこれから書く勉強法も楽しくない。これは私が受験期に行っていたもので切羽詰まったあの頃に行っていたのだから楽しさというより憑りつかれたように行うことがよいと思っていたからだ。

『その勉強法とは常に連想し続けること』

例えばテレビの番組欄を見るとしてそこに大河ドラマが乗っていたらそこに出てくる武将の納めていた国やその家臣、その当時の天皇の名前や代表的な法律をとにかく思い出す。

他にも電車や説明書などに英文が書いてあればそこに使われている文法を整理したり一度自分で翻訳する。

数学なら三角やxなどちょっとした言葉の取っ掛かりから公式を思い出すような

とにかく目に映るものすべてから勉強の引っ掛かりを考えそこから可能な限り連想し続けるというもの。

世の中は勉強で出来ているので何も引っかからないなんてことはない。

常に思い返すことで忘却曲線と呼ばれる覚えてるメーターにも対応できるやり方だと思う。

このやり方なら自分が思い出せないところやそもそも覚えていないところを見つけるだけでなく知識同士の繋がりも広めることもできる。

つい暇な時間を見つけがちな人などにやってもらいたい。

以上、受験期は明らかに精神が病んでいた私、ふぁっちの勉強法でした。

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ

純粋さはやがて陰気へ

今週のお題「クリスマス」

クリスマス。何ももらわなくなってからこの時期はただむなしいものになるかと思いきやもう特に何を思うわけでもなくなってしまったこの頃。

クリスマスはゲームのイベントを走るような気分でもなく何もしません。

そうなって家でテレビを見ていると周りの楽しそうな様子が映るたびにセンチメンタルになりますがそのたびによぎるのは家族がいかに苦労してこのクリスマスという行事を成功させようとしてくれていたのか

子供だったあのころはもうなんだってほしくていろいろ無茶言ったりしたと思います

そのたびにわくわくで眠れない子供たちを何とか寝かしつけたりとかいろんな苦労があってそれでだんだん大人になっていってようやくサンタ業から脱却できる

そうして今度大人はサンタ業の暖簾をひき継ぐ。大変ですね。

しかし今年のクリスマスは影が薄いですね。

令和になって初めての年明けだからでしょうか。

クリスマスを分かち合う予定を立てている暇がなかったからでしょうか

ケーキも食べないし、チキンも買わない。これでもあの赤と緑の配色がクリスマスであることをものすごい主張している

正直ペルソナ4の里中天城コンビの赤と緑の配色すら反応してしまいそうです。

いいですよねあんな青春ど真ん中の楽しい一時。

またペルソナシリーズでもはじめようかな…

それはともかく行事というものは本当に人それぞれの影響が出てきますね。

でも何をしていようとクリスマスはあって当日はわかんなくても気づけば大体その前後にいる。

この特別感こそがサンタクロースが残した最後の贈り物なのかもしれません。

今考えただけなんですけどね(笑)

 

以上、サンタは親との契約業だと考える私、ふぁっちのクリスマスでした。

 

今、満腹でないなら絶対に通らないでください

すごいニオイというと大体人間のきつい体臭やシュールストレミングとかそういうネガティブな話になりがちなのですが今回は丁度匂いについて思うことがあったのでポジティブな匂いの話をしてみましょう

皆さんは通勤通学の道に食事屋さんはありますか?

質問をするというということは私にはあるということなのですが…

これがまたいい匂いなんですよね風向きにによっては結構前のほうからでも香りが飛んでくるんです。

もう通るたびに幸せな気分になるわけです。

しかもなんかいつも空気の入れ替えを行っているのかドアが朝は半開きになっているんです!

もうズルイの域ですよ。とにかく西洋料理のいい匂いがほぼ毎日漂っていてこんなの興味湧くに決まってるじゃないですか。

でもそのあまりのにおいの良さにきっと値段も敷居も高いのではと思い足を運ぶことはいまだかなわずですが、毎日行き帰りの道で香りを楽しませてもらっているのでいつかは食べてみたいしなんならこれまでのお楽しみ料金を支払うことも値段によってはやぶさかでないですね。

しかしここまで褒めましたがそのお店自体に許可を得ていないのでチキンな私はここで詳細を書くことは控えますが、ぜひ皆様もこんな感じだろうか?というお店を見つけたら是非とも足を運ぶなりほかのだれかを誘ってみてほしいのです。

なぜならこういうときのためのオーラルケア商品なのですから

強引にいい感じにまとまったところで以上、私、ふぁっちのすごいニオイでした。

「すごいニオイ」#ジェットウォッシャー「ドルツ」


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン

【仮面ライダーゼロワン感想】calm not that one セイネ

今回も始まりまして仮面ライダーの感想文なるものですがここまで遅れるとは....反省

今回は手早く初めて行きましょう

1.多澤青次社長

今回はこの社長がかなり危ないというかいつでもシリアスホラーに行けそうな人物でしたね。

死んだ娘そっくりに作るその執念は滅茶苦茶頑張ったと思うんですよ。

しかも娘のことをアルバムでも見せながらラーニングさせて行ったんでしょうね。あれはなかなかの執着というかラストも救われたようで救われてないような海外のホラー映画みたいなオチでしたね。娘の声があんなに完璧にサンプリングできているところがまた興味をそそる御人でした。

しかしこの今回の社長をみてふと思い出したんですけど彼のような人物はいわゆる仮面ライダーWの『A to Z』で出てきたような応援して信じてくれるゲスト役として出演してくれる日は来るんでしょうかね。

あの演出は様式美として時々やってほしいんですよね。一年やって来たからこそできるこれまでの総決算って感じがして。

2.香菜澤セイネ

彼女の存在はとうとう人間の存在価値にまで議論を広げようとしているというかそこまでできたらもうある種のSEというか演技とかそういう範疇を超えてますよね。やはりこれからの時代でも人間がやるから意味があるというかなんか「はじめてのおつかい」や「ルーキーズ」とかそういうある一定の人間がやるから見ていようと思うようなそういう感情で人間の生み出す芸術をまもるというか今後どれだけ高性能になっても寿司職人みたいに感情で存在する職業はあるのだろうなぁとおもいます。

それにしても声優の収録現場に導入できるほどの静かさとはもう完全にロボット工学は完全にゴール手前の魔術の域まで行ってそうですね

ちなみにあのガエルマギアは声優とフロッグポットとかを意識してるポイントとかあるんでしょうかね?

3.滅亡迅雷.net

親子という設定が明かされ、迅の回心ルートへの示唆がされた今回の敵達

タクシー運転手から見るに乗っ取ったらそのまま怪人にしなくても操り人形としての活躍はさせられるんですね。何とも恐ろしいです。

しかし、迅は本当に子供っぽいですね。子供ってある程度成長させたら教え方次第ではなんでもやるしできるようになるから恐ろしいですね。

しかも今回からファルコンキーを奪ったので変身できるようになってしまいしました。

トリちゃんが社長の手元の帰ってくる日は来ないかもしれません。

 

今回はイズの可愛さ話の展開の重要さというか大切さも十分の回でした。次回からもどんな展開が待ってるのか楽しみですね。

タイタンの様に大胆に一歩一歩の歩を踏みしめ令和の新作に期待です。

豚を選び、玉葱と契れ

今週のお題「いい肉」

結局いい肉とかなんとか言ってるけど庶民の私にはよくわかんないんですよね。

結局焼いて食べたら脂肪の甘味とか筋繊維の繊細な歯ごたえとかあんまり意識してもね。

ただ牛丼チェーン店に入った時の思い出は稲妻が走るような衝撃だったんですよね。

何が衝撃だったかといえばその時は吉野家だったんですけど豚丼がおいしかったんですよね豚丼が。

牛丼とかはもうなんかそこそこの短いスパンで食べていたので飽き始めた頃にもういい加減牛丼から離れたいと思って豚丼を頼むことにしたんですけどその味が何とも旨いのなんのって

あの豚の歯ごたえ牛丼の薄めのセレブリティから一転豚は力強くしっかりとしていて米に対して大幅なアドバンテージがあり最後まで米を孤独にさせることはない

ゴマの香りもとてもよく?ゴマの香りがしていたかは正直記憶が定かではないがとにかく肉と米をつなぐ非常によく手を取り合っていて高揚感がある。

何よりこの豚丼に誇ってもらいたいのは玉ねぎの厚さである。

ある程度の厚みがあることから生み出されるシャキシャキはとても素晴らしいあのt間ネギがあることで丼が強くそして優しくなれる。

とにかくあの牛丼屋の豚丼を食べた日から私が牛丼を注文することはなくなったのです。

この話にはその日の感銘を受け豚丼を食べ続けた数々のメニューの記憶や思い出補正なるものがかかっている可能性が大いにありあの日の感動がそこまでの物でもないのかもしれません。

しかしあの日から私の中で完全に牛丼が過去の存在になったことは変わらないのです。

以上、例え鶏肉の様なんだから鶏肉でいいじゃんといわれようとも珍しい肉が食べたい私、ふぁっちの肉でした。